交通費と保証

合宿免許のコースを選んだ場合、教習にかかる時間や費用以外のメリットもあります。この点もかなり大切で、時間的にも金銭的にもとにかく得をしたいのであれば、知っておいて損はありません。ここでは、合宿免許における交通費と補償費用の詳細について考えてみましょう。

まずは交通費についてです。合宿免許のコースの場合、宿泊先から教習所のあるスクールまでの交通費が支給されることが多いです。もし距離があまりにも遠いと、電車やバスなどの公共機関を使う必要も出てきます。この場合、毎回交通費を自分で負担することになれば、それだけ金銭的にも大変な想いをすることになるのは、それこそ目に見えています。ならば、合宿先の方で交通費を負担する方が、参加者のためだと言えます。次に保証についてはどうでしょうか。合宿の場合、通学と違って長期間通うことは難しいです。そのため、不合格はできるだけ避けたいですし、追加料金を支払って永遠に教習を受けるのもキリがありません。それならば、いざというときの保証が付帯している方が安心です。

合宿免許においては、交通費の面でも保証の面でも、嬉しい特典がついています。参加者の負担を少なくするためには、いずれも必要な要素なのです。

期間と費用

合宿免許のメリットとして挙がるのが、免許取得にかかる期間と費用です。どこの教習所でも、免許を取るためには時間もお金も必要ですが、いずれの要素についても、通学するよりは少なくて済みます。これならば、時間があまりない方や金銭的に厳しい方でも、上手く対応できるでしょう。

免許取得に必要な日数は、約15日と見ておくのが一般的です。必要な日数は合宿先のカリキュラムによって違いはありますが、基本的に1ヵ月もかかりません。仮に通学のカリキュラムを選択したとしても、受講しないといけない授業のコマ数については同じです。いずれのコースでも、公安委員会が指定している数だけ授業を受けることになるのですが、合宿の場合は同じ日に複数のコマを取っても問題ないのです。では、気になる費用についてはどうでしょうか。通学の場合は30万円以上必要になることも、決して珍しくはありません。しかし、合宿であれば、オートマ車でもマニュアル車でも、20万円台前半で済むことが多いです。つまり、通学コースと比較しても、約10万円近くの差が生じるのです。

このように、同じカリキュラムでも、通学と合宿では料金が全く異なります。時間も費用も節約するためには、通学よりも合宿免許がおすすめです。

参照サイト『教習費用が安い合宿免許施設を探せるサイト 合宿免許HUNTER

合宿免許の費用

車の運転免許を取得したいのだが、合宿免許コースと通学免許コースのどちらがベターなのか、迷うこともあります。もし少しでも金銭的な負担を少なくすることが前提なのであれば、合宿免許がおすすめです。

合宿のコースの特徴として、集中的に短期的に教習を受講できるというメリットがあります。教習の日数は学校によって多少の違いはありますが、ほとんどのコースは基本的に15日ぐらいで完結します。つまり、実際に試験に合格するまでに、約半月の期間で済むということです。この類のコースであれば、日頃忙しくしている方にはおすすめであると言えます。通学とは違い、長い期間教習所に通う必要がないので、貴重な時間を上手く活用できるのです。期間が短くなるに比例して、費用が安くなるのも合宿免許の嬉しい点です。しかも教習所と宿泊先が距離的に離れていて、交通機関を使う必要がある場合は、別途交通費も支給されます。たかが交通費とは言えども、決して軽視することはできません。地方では初乗り運賃が高めに設定されているので、たとえ半月と言えども、かなりの金額になることが予想されます。万が一試験で引っかかった場合でも、合格するまで保証がついていることがほとんどですし、この場合も交通費支給の対象になります。

こちらのサイトでは、合宿免許と通学免許の費用について紹介。チェックするべきポイントを明らかにした上で、リーズナブルな費用で免許が無事取得できることを、心から期待しています。